音楽する人の心と身体

2/2ページ

目を見て話すということ(苦手意識との戦い)

音楽する人のトラブルシューティング、承ります、上原夢美(@yumemi429)です。「ゆめみ」と呼ばれたりしてます。アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です♪ 目は起きてれば、ずっと使う器官ですね。目を開けてれば、何か見えます。見ようと頑張らなくても何か見えます。見過ぎると乾きます(ドライアイ、その話はまた今度)五感のうちでも80%は視覚が占めてる、とも。 それが前提として。 ここから […]

なんだか、焦っちゃう

音楽する人のトラブルシューティング、承ります、上原夢美(@yumemi429)です。「ゆめみ」と呼ばれたりしてます。オーボエ、吹いてます。アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です♪ 今日は、「なんだか、いつも焦っちゃう」のお話。 頭の中、いつもぐちゃぐちゃしてて、何から手を付けてよいか、分からない。大して何もこなしてないのに、グッタリしてる。で、何もできてない気がするので焦る。。。 以 […]

  • 2018.10.18
  • 更新日:2019.06.30

楽器を紹介する時のコツ→熱

音楽する人のトラブルシューティング、承ります、上原夢美(@yumemi429)です。「ゆめみ」と呼ばれたりしてます。アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です♪ トーク付きのコンサートなどなど自分の楽器を紹介する事があります。自分にとっては、何十年と付き合ってるのでどんなことを伝えたら良いのやら? この子(オーボエ)の魅力って、なんだ?今日、初めてオーボエを目にする人もいるだろう。毎度、 […]

自己肯定感の低さはどこからやってくるのか?

音楽する人のトラブルシューティング承ってます、上原夢美(@yumemi429)です、こんにちは。「ゆめみ」と呼ばれる事もしばしばです。アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です。 さて、前回のブログでは、自己肯定感の低さが演奏や練習に及ぼす影響について書きました。 「音楽する上で自己肯定感が低いと起きる事 <もっと上達したいのに> 今回は、その続編にあたります。 自己肯定感の低さは、性格 […]

音楽する上で自己肯定感が低いと起きる事<もっと上達したいのに>

音楽をする人のトラブルシューティング、承っております、上原夢美(うえはらゆみ)です。「ゆめみ」と呼ばれることもしばしばです。 演奏をする上で、もしくは、レッスンを受ける上で、 必要なものはなんでしょう?楽器、身体、思考、メンタル、、、色々ありますが、今日は、その中のメンタルにあたるかな、音楽する人の「自己肯定感」について書いてみようと思います。 「自己肯定感が低い」とは、いったい何をさしているので […]

緊張してる時→他人の思考を妄想してる時

音楽する人のトラブルシューティング、承ります!アレクサンダーテクニークを勉強中のゆめみです。 今日は【緊張】のお話。緊張の素になってる一因の話です。 オーディション前やコンクール前、実技試験前にレッスンにいらっしゃる生徒さん達。はたまた、市民ブラス・オケなどソロがあって、と訪れる生徒さん達。 皆さん、口々に 「本番だと緊張しちゃってミスしちゃうし、ガチガチでうまく吹けないんです」と仰います。 なの […]

  • 2018.09.20

ノーミスで吹きたい!

ミスなく演奏したい 喜寿を超えられた生徒さん。エチュード(練習曲)や曲を丸々、ミスなく演奏したいとのこと。 おうちでの練習では難所も楽々ミスなく吹けるのに、レッスンだとどうしても「ミスしたくない」と思えば思うほどミスをしてしまう、との事。 私、怖いですかー?緊張されてますかー?練習時と違って人が聞いてるだけで脈拍は上がりますよー。ミスする事は悪い事じゃないんですよー。 などなど、お伝えしてみました […]