どうしてオーボエ以外のレッスンもできるの?

オーボエ奏者&講師の上原夢美(@yumemi429)です。
「夢美」と書いて「ゆみ」と読みます。
学生時代のあだ名は「ゆめみ」でした。
現在、大学で演奏員として活動したり、
首都圏で演奏活動やオーボエのレッスンや
緊張対策など楽器を問わず、各地でレッスンをしております♪
日々、身体の仕組みと心の関係性をお勉強してます。

ブログでは、
気付いた事や感じた事、
若い時に知ってたら良かったなと思う事など書き綴ってます。


レッスンのページを更新しました。
そちらに書いてある「オーボエ以外の楽器もレッスンできます」について
少しご説明したいと思います。

私の専攻は、オーボエなのですが、
なんで他の楽器のレッスンをお引き受けできるのでしょうか?

2017年の年末より
アレクサンダーテクニークの教師になりたくて、
学校に通って、身体と心の仕組みについて学んでおりました。
(2020年1月現在:通学はおやすみ中)
特に音楽をする人の演奏時における体の使い方や思考について
色々な学びを受けました。

学び始めた頃より、
自分の演奏にも活かし、生徒さんのレッスンにも活かしてまいりました。

レッスンをする側の教授法も勉強でき、
以前よりも教えやすくなった実感もあり、
生徒さん達もより上達の実感を得られやすくなったように思いますし、
実際に音の変化に気付かれて、ますます意欲的に練習されてる生徒さんもいらっしゃいます。

私の通っていたアレクサンダーテクニークの学校は
音楽に特化したコースもあった学校だったので、
演奏する人における様々な問題へのアプローチも学びました。
解剖学を通して身体の仕組み、思考が身体の動きに与える影響なども
深く探求したり。
自分においてもいろんな発見があったり。

まだ資格は所持しておりませんが、
2018年よりオーボエ以外の楽器の方へのレッスンや
グループレッスンなども増えてまいりました。

オーボエ以外の楽器の方でレッスンを受けてくださるのは
今のところ、フルートやサックスなど木管楽器が多いです。

ということで、
オーボエ以外の楽器のレッスンもお引き受けしているのです♪

ここで、
私がアレクサンダーテクニークを学んで良かったなと思うことを挙げてみます。

・緊張に対処、コントロールできるようになった
・練習効率が良くなった
・自分の動きの癖に気付けるようになった
・生徒さんの望実を邪魔してるもの(癖、思考など)に気付けるようになった
・より楽にオーボエを吹けるようになったし、より楽に吹けるような奏法のご提案がしやすくなった
・伸び止まっていた生徒さんが年齢関係なく、メキメキ上達した
・難しい曲に挑みやすくなった
・練習時間が無くても焦らなくなった
・頭痛、腰痛、股関節痛が減った、無くなった   などなど

まだまだ沢山ありますが、こんな感じにメリットを感じております。

ですので、レッスンにどんどん還元しております♪

数年のうちには、
アレクサンダーテクニークの学びを再開し、
いつの日か教師資格もゲットするのが夢です。


LINE@で
メルマガやレッスン情報、ブログ更新情報、
今後のワークショップに関する情報を配信してます。
登録するとお読み頂けます!
また1対1でご相談いただくことも可能です。
ぜひ、下のリンクからご登録ください♪

友だち追加

レッスン教師としてカテゴリの最新記事