高音への接続恐怖症

オーボエ奏者&講師の上原夢美(@yumemi429)です。
「夢美」と書いて「ゆみ」と読みます。
学生時代のあだ名は「ゆめみ」でした♪
今は、埼玉県さいたま市(浦和)を拠点に首都圏で演奏活動や
オーボエのレッスンや
緊張対策など楽器を問わずレッスンをしております♪
現在、アレクサンダーテクニーク教師を目指して
日々、身体の仕組みと心の関係性をお勉強してます。


今回は、オーボエの練習中の【自分観察】を。
私の「高音への接続時に起きる事象について」

高音単体ならば、問題なく吹けるのに、
他の音から接続して吹くと雑音が混ざったり、
下の音が混ざるといった問題点をじっくり観察してみました。

取り上げるのは、
プーランクの六重奏曲の1楽章が始まってわりとすぐに出てくる、
HとHigh Eの接続。

高確率で下の音が混ざし、パシッとはまらない感じ。
この「レ#ーミファ#ソシミド ラ」
何年も吹いてるのにな。。。
毎度、ここにくると不安やら恐怖を感じます。


練習の時、まずは、
「嫌だなぁ、なんかうまくいかないなぁ」と思ってる箇所の
「指の仕事を明確に理解する」

↓のブログ記事の下の方に書きました。

難しいと思ってない箇所でも
「嫌だなぁ」と思ってる箇所でも有効です!

「レ#ーミファ#ソシミド ラ」を分解して
自分にプログラミングするように
指、息、身体、どんな仕事をしてるかな。

分解して、自分の指の仕事を理解した後、
一気にテンポで吹いてみたらば、
不要なことをしてることに気付きました。

まず、high Eに向かって
肩甲骨と肩甲骨の間に
キュッと力が入る。

これは不要。

もう一つは、
Hを吹いてる時に第一オクターブキーも抑えっぱなしで
第二オクターブキーを押してるのだけど、
この第一オクターブキーを抑えてる力が異様に強い。
おそらく、恐怖心からだろう。
この段階で、強く押さえてるので
High Eの運指への以降が遅れるし、
この段階で第一オクターブキーを押さえっぱなしだと
左手にロックがかかって、
一切の回内回外の動きを制限されてたってことだな、と。

第二オクターブキーを押さえる段階では
安心して第一オクターブキーは離して大丈夫!と思いながら
もう一度、吹いてみたら問題なくスルリと吹けました♪

質問など、
ツイッターやLINE@でも受け付けてます!


LINE@で
メルマガや演奏における身体の使い方や緊張対策、
今後のワークショップに関する情報を配信してます。
登録するとお読み頂けます!
また1対1でご相談いただくことも可能です。
ぜひ、下のリンクからご登録ください♪

友だち追加

自分観察カテゴリの最新記事