難しい所の指の練習方法

オーボエ奏者&講師の上原夢美(@yumemi429)です。
「夢美」と書いて「ゆみ」と読みます。
学生時代のあだなは「ゆめみ」でした。
今は、埼玉県さいたま市(浦和)を拠点に首都圏で演奏活動や
楽器問わず緊張対策などレッスンをしております♪
現在、アレクサンダーテクニーク教師を
目指して 日々、身体の仕組みと心の関係性をお勉強してます。


さて、今回のテーマは、曲中の苦手箇所における「指」

曲を演奏中、難所やテンポが早くてうまく演奏できなかったり、ミスに繋がったり、、、
苦手意識で難しい(と思ってる)箇所に来ると、異様な緊張をして
やはりうまく吹けなかったり。

そんなこと、ありませんか?

わたし自身、ずっと指に対して苦手意識が拭えず、
難しい曲は諦めモードになったり、
とにかく何時間も何時間も指だけのための練習をしたり。。。
(今、思えば、姿勢も呼吸も無視した練習方法だったな)

自分が「難しいな」と思ってる箇所における、
練習方法を頭の中のことを書いていこうと思います。


以前、「ここ指が難しいな」と思うところは、
メトロノームをゆっくりから設定して、
徐々にテンポを上げていったり、
リズムを変えて練習してました。
(付点にしてみたり、三拍子にしてみたり10種類パターンくらい)

その練習の後は、
テンポに戻して
いざ、吹いてみると
思い通りに行くこともあれば
全然、思い通りに行かないこともあり。

「運」に身を任せる感じ。。。
「これだけやったんだから」という風に思わせて空虚な自信(?)を持ってみたりして。
はたまた、日頃の行いによるジンクスを信じてみたり・・・

でも、
すごく時間かけて練習してるのに(学生時代は10時間なんてザラでした)
レッスンの先生に言われた通りに練習してるのに
私にはまだまだ練習が足りてないんだわ、もっとやらなきゃって思ってました。

そして、大きな勘違いも。
「筋肉に覚えこませないと!」と思ってました。
(それも一理ありだけど)

ゆっくり練習する時は、なんてことないのに、、、
メトロノームでテンポ上げていった時もなんてことないのに、、、
「さて、演奏するぞ」ってなると、
思い通りに指が動いてくれない。。。

リズムパターン変えて練習したり、
ゆっくりから練習するのを
「指」だけのことを考えて練習してたんですけど、
姿勢も骨盤を思い切り後ろに倒してましたし(なんなら譜面台に足をかけてた)
呼吸もアンブシュアも他のことは考えずに何時間も練習してたら、
頚椎椎間板ヘルニアになったり、
腰骨が異様に湾曲してしまいました(リハビリに数年、整形外科に通いました)

それでも
吹けるようには
なってない訳で、、、

では、上記のような「やみくもな練習」で、私は何を得ていたんだろう?
「一生懸命、練習してる!」感とか
「練習してる自分」に酔ってる感とか
「やってる感」が満たされてる感などなど
(「感」「感」うるさいw)

それでは、練習が演奏に生かされまい。
とても再現性の乏しい練習しかしてなかった訳です。

「ここ、指が難しいな」と思った時、
それまでの練習の仕方は、
「練習してる自分に酔い」
たくさん練習して筋肉に覚えこませさえすればという根性論的な思考で
なんとなく、こんな運指だなと確認をしてただけなんです。
これは、なんともあやうい。
それに、自分が何をしてるのか、わかってなければ、
難しい箇所は「怖い」まま。
恐怖感があると、呼吸も指も体も固まります。

じゃあ、どういうことをすれば良いの?
「難しいと思う箇所での自分の仕事を明確に理解する」

これができてると、
演奏する時の再現性は、グググっと高まります。
それに、自分で何をしてるのか理解できてると不安がない。

難しい箇所を分解して局所的に観察。
隣合う、2音ずつ吹いてみてすごく自分のことを観察してみる。
・まずはどんな音符
・どの指を動かしてるのか
・その指をどのくらいの高さまで上げたり、下げたりしてるのか
・音程の為に息はどんな仕事をしてるのか

その観察後、それは本当に必要か?検証してみる。
例えば
「この指はここまで上げる必要があるか?」など。

こまかな観察&検証が済んだら
テンポで吹いてみる。
この時も自分を観察。
だけど、局所的ではなく、全体的に観察。
例えば
「ここのフレーズに来ると身体全体が沈むなぁ」など。
それが必要か不要か、考える。

自分がその「難しい箇所」を演奏するのに
必要なことを整理整頓して
自分の頭にプログラミングしていく、そういう作業です。

時間をかけるとしたら、
この作業を細かくできると
演奏で再現しやすい。
自分のやることが明確だと安心♪

私はこの練習の仕方を
アレクサンダーテクニークの先生・渡邊愛子さんのレッスンで学びました。

このレッスンの3週間後くらいに
学生の賛助で受けたオーディション(難曲ばかり)も
乗り越えられました♪

その話については、
またの機会に^^


随時、レッスン募集してます。
ご興味のある方はこちらをクリックしてください。


LINE@で
メルマガや演奏における身体の使い方や緊張対策、
今後のワークショップに関する情報を配信してます。
登録するとお読み頂けます!
また1対1でご相談いただくことも可能です。
ぜひ、下のリンクからご登録ください♪

友だち追加
Advertisement

音楽する人の心と身体カテゴリの最新記事