無排卵月経になってジタバタしたこと

無排卵月経になってジタバタしたこと

オーボエ奏者&講師の上原夢美(@yumemi429)です。
さいたま市を拠点に首都圏で、楽器を問わず、
レッスンなど活動しております♪
現在、アレクサンダーテクニークのレッスンを通して
身体の仕組みと心の関係性をお勉強中です!
(いつかはAT教師になりたいという夢を携えつつ)


音楽する人の生理痛対策のため、
生理関連の調べ物をしてる私ですが、
今年度始まってから、ずっと私自身の生理関係が不調が続き、、、
結論から申して【 無排卵月経】になってしまいました。
が、意外に自分の周りに 「何ヶ月も生理来なかったこと、あるよ」という
ご経験をされてる女の子が多いこと、多いこと。
そんなこんなで自分の経験など絡めて、
この数ヶ月、無排卵月経でジタバタしたことと対処してことなどを
まとめてみようと思います。

経緯

まず、無排卵月経が分かるまでの経緯を。
近年の私の生理さん事情は、
2019年2月までは生理痛こそありますが
普通に月一で生理さんはいらしてました。

今までの詳細はこちらのリンクからもお読みいただけます。↓

3月になってなんとなく薄っすら出血したなぁと思ったら
そこから音沙汰なし。。。
今思えば、2月にあるはずのPMSの症状も出てなかった。

かと思ったら、4月の初旬から7月の中旬まで
約100日間、出血が止まりませんでした。
その間に起きた出来事を時系列で。

出血からの2ヶ月間

4月下旬。
まず最初に行ったのは
がん検診で行ったことのある、市内の婦人科。

市内の婦人科にとりあえず、行った理由は
・インターネットで予約もキャンセルもしやすい
・わりといつでも予約が取れる
・がん検診でデータがある

そういう理由でとりあえず、行ってみて
「なんでもない」って言われれば
それで安心できるよなと安易な思いで来院。

言われたのは
「原因不明。ストレスですかね?」

わぁ、婦人科受診あるある。
よく生理痛がひどい時にも
「ストレスですかね、痛み止め出しておきます」
って、よく言われました。

で、その時はトラネキサム酸という止血剤を処方されました(美白成分で有名なもの)

診断の時、「むむむ」と感じたのですが。。。
「出血が止まらなかったらまた来てください」と言われたので
止まらなかったし、
今度は別の処方をされるかなとい小さな希望を胸に
5月上旬(GW中も開院されてた)にもう一度、受診。

なんと、またトラネキサム酸(止血剤)を処方されました。

ここから自分で色々、調べ始めました。

花粉症の薬と月経異常

2、3月から思い当たる変化を思い出してみたのですが、
いろんな環境の変化はあったのですが、
それはストレス軽減の方向への変化だったし、
妊娠はないし、
何か服用してたっけ?と思った時に思い当たったのは一つ

花粉症の薬。

まさか、毎年、服用してるし、関係ないよね?と思いつつ
調べてみると出てくる、出てくる、こんな記事。

花粉症の薬で生理が遅れたりこなくなる⁉︎ ステロイドも要注意〜お薬の説明書は要チェック〜

若干、痒かったけど、もうその時期は花粉は下火。
とりあえず、服用を中止してみました。

なんとなく、生理痛のような鈍痛がやってきて、
生理っぽい出血があり
血量も段々、少なくなりちょっと安心してた矢先。。。

ドッカーン!
大量出血。。。

思わぬタイミング。
出先で服を汚す始末。。。

信頼してる婦人科医の友人のいる都内の病院に即予約の電話。

そして、婦人科医の友人にもメールで色々お伝えして
(私の担当の方に伝言をお願いしたり)
その時、「抗ヒスタミン剤と月経異常」についても質問。

免疫低下してたりするなら、その可能性はあるけど、
あまり聞かれない。とのこと。

信頼してるお医者様へ行くまでに

信頼してるお医者さんの予約は取れたけど、予約から診察まで1週間。

身体の中で何か起きちゃったのかしら?
子宮癌?
いや、年末の検査の時は何もなかったはず。

そんな折、本屋でこんな本を見つけちゃって。。。
「わたし、39歳で「閉経」っていわれました」

私、現在39歳です。。。

わわわ。
一気に立ち読み(ほんとはダメよ)
気になる症状、一致。

待って、
わたし、まだ、子ども、あきらめてないよーーー
勝手に終了しないで、私の子宮、、、

と、不安になってたのです。

診断

6月下旬、都内の婦人科へ。
今までの自分で記録したデータと生理日記を携えて。

記録したデータは
・基礎体温(今、思えば基礎体温、前より下がってるし、高温期も低温期も無く、ガタガタ)
・睡眠時間(慢性的な睡眠不足)
・そのほか、気付いた変化のメモ

(これは最近の基礎体温、ガタガタだ)

担当医の先生は、丁寧にお話を聞いてくださり、
診察の結果

「無排卵月経の破綻出血」

「このまま、放置すると手術しなきゃ(掻爬(そうは)と同じ手術)だよ」
とのことでした。。。
子宮内膜は厚くなってるのに、卵子が出てこないから
生理になるキッカケを失った内膜は
「耐えられないよー」とばかりにダラダラと剥がれてしまうのだそうです。

っつか、私の卵巣、働いてないのか。

まずはホルモンバランスを補う為に
デュファストン(黄体ホルモン)を処方されました。
「飲みきってしばらくすると出血するけど、それが収まれば大丈夫」とのことで
早速、服用。

診断がくだってから

まずは、不明なものが分かることほど安心することはないですよね。
例にもれず、安心しました。

デュファストンを飲みきって1週間ほどたった辺り
何かが生まれるがごとく、
大量出血と塊の嵐(グロ表現、ご容赦)

問題の痛みは一切なく。
生理痛で苦しんでるものとしては、
めちゃくちゃ不思議な感覚。

それも1週間で終了。
100日間のナプキン生活も終了。

再度、都内の婦人科へ。

出血は止まったけど

7月下旬に再度、婦人科へ。
出血が止まった旨をお医者さんにお伝えすると
一緒に安心してくださったのですが、
エコーをみる限り、また不正出血をする可能性があるとのこと。

排卵できずに左の卵巣(前回は右)が腫れてました。

ついでに子宮体癌の検査も。
結果は異常なし。

で、今現在(8月中旬)
出血が停止してから37日後(ずっと28日周期だったんだけどね)
不正出血とみられる出血が始まり、
今もなお、ダラダラと痛みも無く出血が続いております(もう1週間、経ってる)

おそらく、また薬で排卵を促して生理を起こすとのことです。

まとめ

見えない部分の
不安で不穏な変化は
さっさと信頼してる先生のところで受診するべき。

猛省です。

生理はね、来たら来たで
生理痛があったり、
出血で不快だったりするんですけど、
来なきゃ来ないで、
自分の身体が機能してないってことで不安なんですよね。

演奏する人間は
結構、プレッシャーやストレスにさらされる機会も多いですし、
夜遅くて、朝早くなんてことも多いですし、

「私、半年、生理、来なかった」って言ってる音楽女子、
結構、多いです。

何かいつもと違うことがあったら、
すぐにお医者さんに診てもらうことを
オススメします。

医療的なアドバイスはできませんが、
音楽する人で生理に関することを
気軽に相談できる人は身近に居ない場合など、
相談に乗ることはできます。

こちらのContact から、ご相談ください。

番外編

100日間も出血してたんで
いろんなナプキンを比較してみました。
転んでも、ただじゃ起きたくないので(笑)
何種類、使ったかなぁ、数えておけば良かった。

※こういう記事を書くと「布ナプキン」をオススメされるのですが、
生理について色々、調べてる身、お試し済みです。
自分の生活には合わなかったので使用してません。

 

で、私の好きなナプキンは

夜用は
「ソフィ超熟睡・極上フィット」

昼用は
「ソフィ・肌おもい」

ユニチャームの回し者では、ありません。。。w


オンライン相談室「音楽する人の為の生理を考える部屋」を
開設しました。

婦人科では「異常なし」と言われてるけど、
困ってる方々の相談や悩みの共有などができる相談室です。
ご希望の方は下記のリンクよりお問い合わせくださいませ。

 


友だち追加

Line@でメルマガ配信しております♪
1対1でのご相談も承っております。
ぜひ登録して話かけてみてください。


Advertisement

生理痛対策カテゴリの最新記事