生理痛についてのご相談を受けました

オーボエ奏者&講師の上原夢美(@yumemi429)です。
さいたま市(浦和)を拠点に首都圏で、
楽器問わずレッスンなど活動しております♪
現在、アレクサンダーテクニーク教師を目指して
日々、身体の仕組みと心の関係性をお勉強してます。


先日、ツィッターで生理痛がひどすぎて、
ひどすぎて、ひどすぎて、どう乗り越えたら良いですか?という
ご相談を受けました。

管楽器を演奏してる10〜20代の方からのご相談だったのですが、
痛すぎてどうにもならない上に誰に相談しても
なんとかして乗り切れというような回答しか得られず、
困ってたご様子。

まず、婦人科で診て頂いて、異常が認められないことを前提として
こんなお話をしてみました。
返信した物を一部、編集して掲載します。↓


すごく痛みを感じてる時、
人は身体を強張らせてしまうと思うのですが、どうでしょうか?
おそらく立っていれば、前かがみに背中を丸めていると思います。
その時、呼吸が浅くなってしまうところ、
この状態になってしまったらまず大きく深呼吸してみると、
強張りが緩和されて、
少し痛みが緩和される方が多いです。
痛みを感じてる時に身体の強張りを解くのは、この方法が手っ取り早いです。

普段の骨盤の傾き(前後)は、どのようになってますか?
後ろに傾いていたりしませんか?
私の場合は、そうだったのですが、
普段の姿勢が骨盤が後ろに倒れて(以下、後傾)
お腹がボコっと出た姿勢でした(おばあさんのような態勢)。

この姿勢、一見するとリラックスしてるように思えるのですが、
子宮にとっても骨盤底筋群にとっても横隔膜にとっても窮屈だったのです。
骨盤が後傾すると子宮にスペースがなくなってしまうのですね。
子宮にスペースを確保するにも骨盤は通常の位置に。
分かりにくいと思うので、「骨格図形  横」など検索してみてください。
かと言って、反り腰は腰痛の原因になるので気をつけてください。

骨盤の位置を意識するようになってから、
私はかなり痛みが軽減しました。

あとは、痛み止め。
私はロキソニンを服用してるのですがロキソニンだと
おそらく一度、どこかの病院で処方して頂いてからじゃないと服用できないのですが、
一度でも処方されてたら、ドラッグストアでも購入できます。
痛み止めが効くのに30分かかるので、
今日は痛くなりそうだと思ったら痛くなる前に飲むのが良いらしいです。
痛みを感じてからだと痛みの成分が結合してなかなか効かないと、
婦人科医の友人が言ってました。
ロキソニンが効かない場合は、座薬もあるようですが、
個人的には面倒臭そうなので試してないです。

ピルなのですが、遅らせるというよりは、
卵巣をおやすみさせてくれるので、
避妊薬としても使われるのですが、
卵巣が休むと子宮内膜も作られないので、子宮もお休みする感じです。
私は中用量ピルを4ヶ月服用する方法も
長期的に超低用量ピルを服用する方法も
あと大事なイベント(結婚式)に生理がぶつからないようにする方法でも
服用してました。
体質に合えば、超低用量ピルはとても楽でした。
今は右胸にシコリが発見されたのでホルモン療法はやめてしまいました。
(良性だったので関係ないみたいなのですが…なんとなくその後も服用してないです)
ただ、ちゃんと検査して体質に合えばかなりオススメですよ。
で、妊娠したいタイミングで服用をやめれば大丈夫だそうです。

ピルが合わない場合、漢方薬もあります。
私は漢方薬は気持ち悪くなったり、
利尿作用がすごくて演奏に集中できなくて服用はすぐ中止してしまいました。
むくみやすい人や冷えやすい人は合う漢方薬もよいのかもしれないです。
漢方薬を処方してくれる婦人科もあります。

あと、冷えは大敵なのは、すでにご存知かもしれないですが、
特にももを冷やすと生理痛は酷くなると思います。
ももの後ろの筋肉が背骨の真ん中の方まであるので(大腰筋って調べてみてください)、子宮も冷えてしまいます。

あと、思考。
「〜しなきゃダメ」とか否定形で言われ続けると身体が思うように動きづらくなる傾向にあります。身体が固くなってく感じです。
思考はとても身体の動きを支配してるとの事です。
「〜しなければ」を「〜したい」と置き換えてみるだけでも少し良くなるのではないかなと思います。
音楽を勉強してるとどうしても「ミスしたくない!」「もっと練習しなくちゃ」と完璧を目指したり、
mustと考えるようになっていきますよね、、
そういうところでも「ミスなく吹きたい」「もっと練習したい」、
もしくは「もっと練習できたら嬉しい」とか縛り付けない思考に置き換えてみるのもオススメです。
で、ミスしたとしても死なない、くらいの気持ちも大切です。
どうしたら、自分は嬉しいのかって思考から始めてみるのも良いかもしれないですね。

演奏する人間は、緊張する場面に身を置きますし、
緊張、不安、怖いなどなどのネガティヴワードにさらされることが多いですよね。

色々書きましたが、おおまかには

・骨盤の位置
・深い呼吸
・温める

ぜひ、試してみてください。


ざっと、返信の一部を載せてみました。
各々の詳細はまた今度、書きますね♪

そんな生理痛に悩む音楽をする人のために
3月30日、浦和にてワークショップを開催いたします。

こちらもお支払い方法を見直しました。
事前にご予約頂けたら、事前支払い料金のまま、
当日、現金支払いでも可能です。
お問い合わせ・ご予約は
yumemi.hautbois@gmail.com
もしくは各SNSのメッセージでも承っております。
質問だけでもOKです。
どしどしお寄せくださいませ。
お申し込みの場合は、お名前、連絡先、音楽をする上でのお悩み、質問したいことなどを明記の上、上のメールアドレスまでご送信ください。
一両日中にお返事いたします。


LINE@で
演奏における身体の使い方や緊張対策、
今後のワークショップに関する情報を配信してます。
登録するとお読み頂けます!
また1対1でご相談いただくことも可能です。
ぜひ、下のリンクからご登録ください♪

友だち追加

生理痛対策カテゴリの最新記事