計画的ブレス

計画的ブレス

音楽する人のトラブルシューティング、承ります、
上原夢美(@yumemi429)です。
「ゆめみ」と呼ばれたりしてます。
アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です♪

最近のブログに↑の文言を足すのを忘れてました。。。w


レッスンでの出来事。
70歳前後のオーボエ愛好家の生徒さんのお話です。

Luft(ルフト)というエチュード(練習曲)なのですが
1曲がとにかく長い。
そして、しんどい。
口がバテる。
苦しい。

そのエチュードに果敢に挑戦されてるのですが、
口がバテて、もたないご様子。

アンブシュアの問題?
深めにくわえているようなので、そちらの問題もありそう。

それよりも気になってのは、
ブレスを吐いて吸う時の音、それに伴う喉を摩擦する音。
ブレスごとに不要な力みが入ってて、それが体力を余計に奪ってた様子。

さてさて、それを解決するのに、こんな提案をしてみました。
まず、曲中でブレスするところに来たら
「息を吸って、吐く」を
練習の時、ブレス部分だけスローモーション。
急がずに、力まずに、ゆっくり、時間をかけて、丁寧に行う事を提案。
ブレスの動作を一つ一つを明確化して、それを計画的に。
口でブレスをするのであれば、
口を開ける、息を吐く、息を吸う、口を閉じる、音を出す、
というように丁寧に。
まずはこの動作を明確化。

そうして、丁寧に意識的にブレスを考える。
すると力みは減りました。
ですが、無意識にブレスを取った途端、前の癖がやってきます。
新しいブレスの方法が定着するまでは
「ゆっくり丁寧ブレス」の練習に取り入れる事を提案してみました。

次回のレッスンの時、楽しみです♪

ちなみにエチュードのタイトル「Luft」はドイツ語で空気(air)という意味。

uehara_yumi

コメントを残す