顔から譜面に近づくと起きること

顔から譜面に近づくと起きること

音楽する人のトラブルシューティング、承ります、
上原夢美(@yumemi429)です。
「ゆめみ」と呼ばれたりしてます。
アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です♪


たまに、こんなことってないですか?

初見だったり、まだあまり練習できてない楽譜を演奏しなきゃいけなかったり、
レッスンで「やばいなぁ」と思いつつ、先生の前でその曲を演奏するという場面ってたまにありませんか?

私は学生時代、しょっちゅうでした、、、(汗)

例えば、こんな感じに・・・

「練習できてないなぁ、やばいなぁ」と思いつつ吹き始める。

譜面台に前のめりになって、顔から近づく

おのずと、リードのくわえが深くなる

音が鳴らないなぁ、リードが重いなぁ

息を一生懸命、力づくでリードに入れる、ドバーッと広がった息で。。。

口がバテる

譜面台に近づいてるもんだから腕や肩に自由がない

さらに息が吸いにくい

口だけじゃなく、身体中が痛い、、、

撃沈、、、

顔から近付いていく事のデメリットたるや、、、

顔から近付いていっても、近付かなくても
頑張って見ようとしてもしなくても
譜面は視界に入ってくるもの。
ガン見しなくて大丈夫。

リードのくわえが深くなると
ここではオーボエの場合の話になりますが、
ダブルリードは先端と先端が振動しあって音が鳴るものなので、
リードのくわえが深いと先端どうしが振動しあえないから
おのずと(本能なのか?ってくらい)リードを噛んでしまうんです。

※アンブシュアの詳細は、以前、アメブロの方には書きましたが
それを読まれてレッスンにいらした方で
「書いてあった通りやってみました」というパターンで
あまりうまくいってない方の方が多く。。。
人それぞれ歯並びや唇の肉厚度など違うのでネットで調べるより、
一度、オーボエの先生のレッスンを受けることをオススメします。
(私もレッスンしてます)

管楽器は、呼吸(息)は大事。
譜面に顔から近付くと、呼吸を妨げる方向に陥りがち。

そして、肩や腕の自由も奪うので、指が動きづらい、、、
動きづらい→固まる方向へ。

という訳でデメリットばかり。

だから、譜面からは一定の距離を保ちましょう、、、
なんて話では無くってね。

先ほどもちらっと「譜面は視界にはいってくる」と書きましたが
目の使い方のお話なのです。

目から入ってくる情報を信頼する。
譜面台と自分の間に空間があったほうが
視野も広がる、身体も固まらない。

「やばいなぁ」と思った時に限らず。。。

私の話で恐縮ですが、
昔、苦手だなと思ったシルベストリーニの無伴奏曲を
先日、久々に引っ張り出して
譜面と自分の間に空間を感じながら
吹いてみたら、意外と吹けたのです。
しかも、「あぁ、ここってこういう構造だったのか」なんて
その当時は気付かなかったことを発見しながら!

昔は、譜面に顔を近づけていくタイプ。
自分で自分の首を締めてたんだなぁ。

uehara_yumi

コメントを残す