一生懸命、練習してるのに・・・うまくいかない

一生懸命、練習してるのに・・・うまくいかない

一生懸命、練習してるのに・・・うまくいかない

音楽する人のトラブルシューティング、承ります、
上原夢美(@yumemi429)です。
「ゆめみ」と呼ばれたりしてます。
アレクサンダーテクニークの教師になるべく、修行中です♪

私は、大学に入るまでに2浪してるのですが、
今日は、浪人中のオーボエの練習の時に感じてたことを
回想した時に思ったことのお話。

オーボエを始めた当初から、
練習っていうのは、
ものすごく時間をかければ、かけるほど
良いものなんだという、価値観の下、
楽器を練習してました。

浪人中なんて、それはそれは
時間がたくさんあります。

楽器の練習に時間のかけ放題。
たくさん、練習すれど一向に自分の思うように吹けません、、、

むしろ、身体のいろんな箇所が痛くなる一方。
ものすごく骨盤を後ろに傾けて座って
長時間、練習してたので(1日10時間は吹いてる時期もありました)、
この時期に腰は激しく前弯してしまいました・・・(ずっと腰痛持ちです)

「時間をかければ、かけるほど良い」という価値観って
「一生懸命、やる!」っていうことに酔ってるだけなのですよね。

そう、間違った身体の使い方のまま、
長時間、練習したって、
ちっともうまくならない。

幸い、浪人の途中から
論理的に教えてくださる先生に出会えたので
そこからは、オーボエがとても楽しくなったし、
まともに吹けるようになったし、
何においても論理的に向き合うことなんだな、ということが
今の自分の学びに続いてます。

練習に時間をかけることも
大事な時はあるけど、
まずは論理的に曲を対峙し、
もし自分の「苦手」があるのなら、
まず、どうなりたいという「願い」や
原因と向き合うこと。

観察して分析して計画を立てて。

身体の仕組みを知ることで何十時間かけてもうまくいかなかった事が
するりとうまくいく事もある。

「一生懸命、練習する自分」に酔ってしまう前に。
そして、身体を痛めてしまう前に。

uehara_yumi

コメントを残す