ノーミスで吹きたい!

ノーミスで吹きたい!

ミスなく演奏したい

喜寿を超えられた生徒さん。
エチュード(練習曲)や曲を
丸々、ミスなく演奏したいとのこと。

おうちでの練習では難所も
楽々ミスなく吹けるのに、
レッスンだと
どうしても「ミスしたくない」と思えば思うほど
ミスをしてしまう、との事。

私、怖いですかー?
緊張されてますかー?
練習時と違って人が聞いてるだけで脈拍は上がりますよー。
ミスする事は悪い事じゃないんですよー。

などなど、
お伝えしてみましたが
やはり難所に来るとミスしてしまう。。。

はたして、ミスをしてしまう箇所で
何が起きているのか?

もう一度、吹いて頂きました。

したらば、
難所で
楽譜にかじりついて
ガチガチに固まってるではありませんか。
そして、吹き終わった後、反省の嵐。
「ちゃんと吹けるところを聴いて頂きたかったのですが…」と反省モード。

なるほど、なるほど。
難所に来ると、「決めてやるー!」と
思考も音楽から離れてたという事でした。

『ここ決めたい!ってところに来たら
「私、動ける」、とだけ思ってみてください』
とお伝えしたら、

なんとノーミスで最後まで演奏されました♪

なんで、ガチガチだとミスが増えるのか。

空気の供給しづらくなり、
指を動かす筋肉なども硬くなる。

自分で自分を妨害してた訳です。

uehara_yumi

コメントを残す